廃校利活用を通して九州の課題解決を考える
「九州廃校サミット」を設立

「廃校」を切り口としたサミットを設立

いま、「廃校」が大きな社会課題になっています。全国津々浦々で、そして私たちの住む九州でも廃校は年々増え続けており、その数は全国で毎年約500校。九州だけでも毎年約100校の廃校が生まれています。今後も廃校は増え続けると言われています。

廃校が生まれる背景には、少子化や過疎化など必ず様々な地域課題があります。それぞれのまちの、それぞれの課題を同一テーマで重ね合わせ炙り出されてくる共通の問題点。たとえ自分の母校が廃校になっていなくとも、地域全体の現実として目を背けることはできません。

この度、廃校利活用の課題、ビジョンやミッションを共有し、今後のあり方や地域での価値を世の中に発信するため、九州で「廃校」を利活用している事業者で「九州廃校サミット」を設立しました。「廃校」通じた社会問題の解決という機運を醸成するためのコミュニティの形成を目指します。

九州で廃校の利活用に取り組むメンバーが集結!

民間や自治体によって利活用されている廃校は、僅か100校(九州内)ほどに留まっています。今回、九州の廃校を利活用して地域の課題解決や活性化に取り組んでいる事業者の紹介やシンポジウムなど、廃校利活用のノウハウ、問題点、地域課題の解決などをみんなで話し合っていきます。
「廃校を通して、地域を見つめなおす」。この機運を、九州から全国へ、色々な地域や仲間を巻き込みながら広めたい。そして、当事者意識を持った廃校の利活用を進めて、「自分たちの地域が誇らしい」と言うような、新たな価値観・ムーブメントを生みだしたいと思っています。

経験者のノウハウや課題を共有して、
九州の廃校利活用の進化スピードを上げる

「九州廃校サミット」は、まちづくり、ベンチャー、地方創生、それぞれのフィールドで活躍するユニークな個性が一堂に会する機会です。

廃校が九州の地域活性化・地方創生の拠点として、活用されるようになることが、九州の明るい未来に繋がると僕たちは確信しています。 九州の明るい未来のために、1人でも多くの方にご賛同いただければ幸いです。

そしてあなたもぜひ、「九州廃校サミット」にご参加ください!サミット成功のため、皆様の温かいご支援ご協力、心よりお願いいたします!

イベント情報

Event Information

第 1 回 九州廃校サミット開催

2018年4月21日に「第1回 九州廃校サミット」を開催します!初回は旧穆佐小学校のMUKASA-HUBで行い、その後継続した開催を目指します。毎回持ち回りで九州各地の廃校を利活用した施設を会場とし、文字通り九州中を駆け巡りながら開催していきます。

第1回 九州廃校サミット

日時 平成30年4月21日(土)13:00~18:00
場所 MUKASA-HUB
(旧穆佐小学校:宮崎県宮崎市高岡町小山田字麓973番地2)

式次第

12:30 開場
13:00 開演:オープニングトーク
13:20 開会宣言:村岡浩司
13:30 基調講演:
・「廃校がつくる、未来の地域コミュニティ(仮題)」石丸修平
14:10 休憩
14:30 九州廃校利活用事例プレゼンテーション
・プレゼンター:Fukuoka Growth Next(旧大名小学校)内田雄一郎氏
・プレゼンター:ユクサおおすみ海の学校(旧菅原小学校)川畠康文氏
・プレゼンター:いいかね Palette(旧猪位金小学校)大井忠賢
・プレゼンター:くらて学園(旧鞍手南中学校)重松克則氏
・プレゼンター:ゲストハウス LAMP 豊後大野 高橋ケン氏
16:00 セッションⅠ 事例紹介
・「Living Anywhere」一般社団法人 Living Anywhere 事務局長 藤村聡氏
16:45 セッションⅡ 廃校利活用・体験談
・モデレーター(村岡浩司)と会場との対話セッション
17:40 クロージングトーク
17:55 閉会
18:00 懇親会開始

【重要】申し込み・参加費について

九州廃校サミットでは、地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングネットワーク【FAAVO(ファーボ)】にて、支援金を募集しております。
第1回廃校サミットの参加申し込みについては、【2年A組コース(10,000円)】以上の申し込みが必要です。詳しい申込方法に関しては、以下URLよりご確認ください。

ニュース

News

発起人メンバー紹介

Founders

九州廃校サミットは、3名の九州馬鹿が発起人となって組成されました。

  • 村岡浩司 Koji Muraoka

    MUKASA-HUB 代表(宮崎県)

    地産ミックス「九州パンケーキ」発売元、一平グループ代表取締役。元祖レタス巻「一平寿し 」二代目店主。MUKASA-HUBプロジェクトリーダー。

  • 石丸修平 Shuhei Ishimaru

    福岡地域戦略推進協議会 事務局長(福岡県)

    福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)事務局長、九州大学学術研究・産学官連携本部客員准 教授、アビスパ福岡アドバイザーリボード(経営諮問委員会)委員長等を歴任。

  • 大井忠賢 Tadataka Ooi

    いいかねPalette 代表(福岡県)

    楽心堂本舗株式会社 代表取締役、インアウト株式会社 代表取締役、株式会社BOOK 代表取締役、いいかねPaletteプロジェクトリーダー。